保守メンテナンスの必要性

発電ビジネスを成功に導く為に

購入された時は、設置場所、発電量、日照条件、価格、メーカーなど・・・皆様慎重に選択されたはず。
ところがその後は、「ほとんど何もしてないよ。」という方が多いのでは?
実際現場では思いもしない様々なトラブルが発生しています。

例えば
  • 雑草が生い茂り、パネルを覆った影で発電量が減っていた。
  • いのししが地面を掘り起こして、ケーブルを断線させた。
  • 2年ぶりに現場を見に行くと、パネルにいたずらされた形跡があり、数枚割れていた。
  • 壊れた家電製品を不法投棄され、敷地内に散乱していた。
  • 野鳥の糞害により、一面糞だらけになり、発電効率が落ちた。
いたずらによるパネル割れ
雑草伸び
いたずらによるケーブル切断

太陽光発電は設備が要因のトラブルだけとは限りません。 落雷の影響を受けたり、ゲリラ豪雨にみまわれたりと、自然災害が原因となるトラブルも実際多く起きています。

太陽光発電は20年間にわたる長期ビジネスです。

成功の鍵は、きちんとした保守メンテナンス体制を確保することです!! ※2017年4月から新FIT制度が施行となり、設備認定は「事業計画認定」に変わりました。
既に運転開始している発電設備も、新制度で保守メンテナンスが義務となりました。
事業計画認定制度で新たに増える主な項目
  • 保守点検の実施、及び維持メンテナンス体制
  • フェンスの設置
  • 責任者連絡先の掲示 (標識設置、出力20kw以上)
  • 設備の撤去及び処分費用の算定
  •  

※サンレスキューは、新FIT制度に対応している保守メンテナンスをご提供しています。