高圧発電設備向け 保安管理・メンテナンスサービス

高圧発電設備にも「サンレスキュー」の高品質メンテナンス

高圧発電設備は、10年間のパッケージプランでご提案しております。(別途見積りとなります。)

  • キュービクルの点検
  • 発電システムの点検
  • 緊急駆け付け対応
契約期間
10年間

キュービクルの点検

3ヶ月毎実施 10年間で計40回

太陽光発電設備のキュービクルの点検は、経済産業省の指針で3ヶ月に1回となっています。 目に触れることのない設備になりますので、お客様に代わってキュービクルの状態を確認し、点検報告書を提出します。

キュービルク
サンレスキューの高圧発電設備 保安管理業務

出力が50kw以上の太陽光発電設備は「自家用電気工作物」となります。そのため電気主任技術者を選任し、管轄産業保安監督部への届出が必要です。安全な設備稼働を保持するため、法令を遵守して保安管理業務を行います。
サンレスキューは安全な設備稼働を保持するため、太陽光発電設備のシステム設計から機器の調達、施工・保守メンテナンスまで全て自社で対応しています。

発電システムの点検

年間2回実施 10年間で計20回

太陽光パネル等の整品点検、パワーコンディショナー等の運転点検、ストリングチェッカー、ソーラーパネルチェッカーによる数値点検、ボルトのゆるみの確認等、発電システムの定期的なメンテナンスの対策を行うことがコスト面で有益な選択となります。

発電システムの点検
  1. 接続箱から故障ストリング(おおよその場所)を検出します。
  2. 故障ストリング内のパネル表面から故障パネルを特定

緊急駆付け対応

年間2回まで

パワーコンディショナーの停止や異常数値を感知した際は、現地へ緊急駆けつけし、状況確認します。
また、キュービクルの緊急時の対応は、経済産業省の指導で2時間以内となってます。
事故や天災などにより異常や不具合が発生した場合は、万全のサポート体制で、早期復旧を実施します。
( 修理及び部品交換等の工事が必要な場合は、別途有償で対応いたします。)

オプションサービス

除草作業

野立てで設置している場合、雑草対策は必要となります。
雑草によりパネルにできる影、雑草に集まってきた鳥獣・虫によるパネル汚れなどが、発電効率を低下させる要因になります。
定期的な除草をすれば、発電量の低下を防ぐことができます。

除草作業 雑草が伸びて日陰になっているパネル

対象エリア

関東エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
関西エリア
大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県
中部エリア
愛知県、岐阜県、三重県、静岡県

※対象エリアを順次拡大していきます。

MAP